栄転祝いの贈り方

栄転祝いの贈り方

栄転祝いの贈りかた

栄転のお祝いには会社や部署の慣例があることが多いものですね。いままでの例に従って行うほうがいいでしょう。

 

御祝の相手が上司の場合は、所属している部署で宴席を催します。部署の全員からお花やお祝いの品を用意して贈りましょう。ただ、目上の方に現金を贈ることは失礼にあたるので、その代わりに商品券やギフト券にするということもできます。

 

相手が同僚や後輩の場合には会社内の有志でお祝いをしてあげるといいでしょう。

 

お祝いの品を贈るのは祝賀会があればそのときにお渡しするのがいいでしょう。お祝いの会がなければ正式発表を確認してから1週間以内、遅くとも2週間以内には贈るようにしましょう。

 

また熨斗紙・金封ともに水引は紅白の蝶結びが基本となります。表書きには「御栄転御祝」「祝 御栄転」「御祝」などを書くといいでしょう。栄転にもいろいろなケースがありますし、どうにも微妙な場合には「御餞別」という書きかたもあり得ます。

 

相場としては、勤務先の関係なら3,000〜10,000円、知人・友人なら10,000〜20,000円、兄弟姉妹なら10,000〜30,000円、親類なら2,000〜5,000円、程度が一応の目安となります。

 

避ける方がいい品物としては、上司に対しては身につけるもののうち下につけるもの、踏んだり履いたりするものは贈らない方がいいとされています。室内履き、下着、靴下、靴といったところですね。

 

贈り物としておすすめの品は、デスク周りのステーショナリー、革小物、名刺入れ、ネクタイ、ビジネス用バッグなどビジネス小物などですね。仕事の疲れをいやしてもらいたいという気持ちを込めて、アロマグッズやアートフレームという選択も素敵です。お酒の好きな方ならワインやシャンパン、日本酒などの酒類、またお酒にあうグラスなどを贈るのもいいでしょう。

 

新しい立場でよいスタートを迎えられるように、ふさわしいお祝いができるといいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ